So-net無料ブログ作成

ファイザー、武田薬品の大型新薬候補の承認を了承(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は2月26日、ファイザーの帯状疱疹後神経痛治療薬リリカカプセル、武田薬品工業の2型糖尿病治療薬ネシーナ錠など新有効成分4品目を含む計10品目について承認の可否を審議し、承認を了承した。3月の薬事分科会を経て正式承認される。

 リリカは、既に海外105か国で承認されており、多数の適応を持っている。日本でも帯状疱疹後神経痛のほか、末梢性神経障害性疼痛、線維筋痛症の適応を開発中。ネシーナは、万有製薬のジャヌビア錠/小野薬品工業のグラクティブ錠、ノバルティスファーマのエクア錠に続くDPP―4阻害薬。

 このほか新有効成分は、参天製薬の新しい作用メカニズムのドライアイ治療薬ジクアス点眼液と、アレクシオンファーマの「発作性夜間ヘモグロビン尿症による溶血抑制」を適応とするソリリス点滴静注。

 武田薬品の国内初の糖尿病治療薬の配合剤メタクト(成分名=ピオグリタゾン/メトホルミン)と、高血圧症治療薬の配合剤ユニシア(カンデサルタン/アムロジピン)の承認も了承。また、協和発酵キリンのネスプ注射液について「透析施行中」の縛りを外し、施行前の保存期の腎性貧血にも使用を認めることにした。


【関連記事】
医療用医薬品市場、7.2%の高成長
今年度の糖尿病関連製品市場は4千億円超―矢野経済研究所
インクレチン関連の2型糖尿病治療薬が続々と承認へ
米特許切れのマイナス影響が顕在化―武田薬品
医薬情報担当者の増員を計画―ファイザー日本法人・梅田社長

マンション更新料返還求める訴訟で家主の控訴棄却 大阪高裁(産経新聞)
天賞堂事件の爆窃団、押収品に長野などの被害品(読売新聞)
大阪市長、小沢幹事長らに生活保護制度の抜本改正を要望(産経新聞)
鳩山首相 トラック運転手が表敬訪問(毎日新聞)
ぶらぶら散歩 女性に人気 身近な発見楽しみに(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。