So-net無料ブログ作成

東大阪市が国民健康保険料 10億円“取りすぎ”(産経新聞)

 大阪府東大阪市が平成20年度の国民健康保険の算定を誤り、一部の被保険者から保険料を過徴収していたことが15日、分かった。同日開かれた市議会全議員協議会で、市が明らかにした。国や府からの補助金も過大に受給しており、過徴収と過受給額の総額は10億円を超える見込み。過徴収分などについては返還する方針だが、対象となる被保険者の中には死亡したり転居したりしているケースもあり、対応は難航しそうだ。

 ミスは10年近く前から続いていたとみられ、総額はさらにふくらむ可能性がある。

 市によると、算定ミスがあったのは40歳以上、65歳未満の被保険者数。実数は6万人あまりだったが、集計システムのプログラムにミスがあり、約7万人で計算されていた。

 国や府に対しても、水増しされた被保険者数を報告しており、補助金も過大に受給していたという。市は被保険者からの過徴収と過受給額の確定作業を進めているが、市が過去にさかのぼって調べたところ、計算ミスは平成14年度から続いていた。

 今月、20年度の保険料額を精査する過程でミスが発覚。市はこの問題について対策本部を設置し、プログラムミスの原因究明を進めるとともに、今後の対応策を協議していく。

【関連記事】
大阪市が4700万円分の国保保険料増額ミス
大阪市が国保料1000人に過大請求 19年度分、期限超え増額決定
保険料、住民税…年金からの天引き 口座振替で税に違いも
国民健康保険料算定ミス 20世帯350万円納付されず 大阪府箕面市
荒川区の女性職員が保険料110万円を着服か

<枝野幸男氏>行政刷新相に 仙谷氏は国家戦略担当相に専念(毎日新聞)
首相動静(2月5日)(時事通信)
「普天間拒否」の稲嶺名護市政スタート 反米闘争勢力の拠点(産経新聞)
首相動静(2月7日)(時事通信)
計画書作成せず手術実施=山本病院患者死亡−奈良県警(時事通信)

日本ビクター、海外事業で不適切会計(読売新聞)

 東証1部上場の音響機器メーカー「JVC・ケンウッド・ホールディングス」(横浜市)は8日、傘下の日本ビクターの海外事業で不適切な会計処理が判明し、2005年3月期以降の5年間について、JVC・ケンウッドと日本ビクターの決算を訂正すると発表した。

 訂正される損失額は約170億円に上る。証券取引等監視委員会は、有価証券報告書などに虚偽の記載があったとして、金融商品取引法に基づき、課徴金を科すよう金融庁に勧告する方針。

 JVC・ケンウッドは09年9月中間期決算で、欧州での事業縮小に伴う損失として、76億円を計上した。しかし、監視委が昨年12月、同社への調査に着手すると、同社は1月4日、弁護士ら外部の専門家らによる調査委員会を設置して再検討を開始。その結果、スペインやドイツにある日本ビクターの販売子会社で未計上の販売促進費や、回収不能の販売代金が見つかり、不適切な会計処理を続けていた実態が判明した。JVC・ケンウッドは76億円についても過去にさかのぼって計上し直す方針で、訂正される損失額は計170億円に上るという。同社の河原春郎会長は8日の記者会見で「株主、投資家など多くの関係者に深くおわびを申し上げる」と謝罪した。

 JVC・ケンウッド・ホールディングスは08年10月に、日本ビクターとケンウッドが統合して設立した持ち株会社。

明かされる遺体や傷の状況… アキバ殺傷・加藤被告、うつろな瞳で聞き入る(産経新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(下)】「私は健常者」「愛犬のあだ討ちでき、ま・ん・ぞ・く」 最後まで独自論理を展開(産経新聞)
橋下知事、府の商品券で買いたいのは「米」(産経新聞)
緊急保証、医療機関や介護事業も利用可能に―経産省(医療介護CBニュース)
トラック屋根の上に男性 歩道橋から落下か、軽傷(産経新聞)

訃報 山口安次郎さん105歳=西陣織職人(毎日新聞)

 山口安次郎さん105歳(やまぐち・やすじろう=西陣織職人)7日、老衰のため死去。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れ会を開く予定。自宅は京都市上京区蘆山寺通千本東入北玄蕃町64。喪主は長男巖(いわお)さん。

 京都・西陣の織屋に生まれ、12歳で家業に従事。50代半ばから江戸時代の能装束復元に取り組み、82年に「現代の名工」に選ばれた。86年に来日した英国のチャールズ皇太子・ダイアナ妃夫妻に能装束を贈ったことで話題に。「源氏物語錦織絵巻」で知られた西陣織作家の兄・伊太郎さんと03年に初の兄弟展を開いた他、昨年105歳を記念する能装束展を開いた。

<石川知裕議員>近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)
ひき逃げで小学生重傷=登校途中に−兵庫・芦屋(時事通信)
読売演劇大賞に「ヘンリー六世」(産経新聞)
<スノーボード授業>北海道初 札幌の小学校(毎日新聞)
深夜の路上強盗 3万円奪い逃走 大阪・阿倍野(産経新聞)

倉庫からビア樽窃盗 容疑の男「3年間で1万5千個」(産経新聞)

 酒販売業者の倉庫から空のビアだるを盗んだとして、警視庁西新井署は窃盗の疑いで、川崎市多摩区菅北浦の無職、落合克己容疑者(51)を現行犯逮捕した。同署によると、落合容疑者は「新宿や中野、練馬などで少しずつ盗み、3年間で約1500回、1万5千個を盗んだ。転売して約1500万円を得て、借金返済や生活費などに充てた」などと容疑を認めているという。

 同署によると、落合容疑者は川崎市内でコンテナを借り、盗んだたるを保管。約140個集めると買い取り業者に500〜1500円で転売していたという。

 逮捕容疑は1月26日午前1時半ごろ、東京都足立区小台の酒販売業者の倉庫に、チェーンを外して侵入。20リットル用のアルミ製の空ビアだる32個(計3万2千円相当)を盗んだとしている。

 物音に気付いた男性従業員(29)がトラックの陰に隠れている落合容疑者を発見、取り押さえて署員に引き渡した。

【関連記事】
自社のベビーカーなど260点運び出す 窃盗容疑で会社員逮捕
ネットで売り飛ばす? 富士通系社員が自社カーナビ窃盗
バス共通カード2千枚盗む 容疑の警備員逮捕
貸倉庫に500点以上…制服ドロの正体を直撃
パワーショベルで野球場破壊、少年を逮捕 「ニート生活のうっぷんばらし」

山崎拓氏、自民を離党せず 70歳定年制で非公認も(産経新聞)
<番号制度>導入に向け閣僚会合 5月までに複数案(毎日新聞)
新日鉄が名古屋港に汚水排出、海保が捜索(読売新聞)
比較的速い判断=トヨタのリコールを評価−経産相(時事通信)
<鳩山首相>北方領土返還に意欲 「最も解決したい問題」(毎日新聞)

<河津桜>開花始まりメジロも喜ぶ 春いよいよ 静岡(毎日新聞)

 静岡県河津町を流れる河津川沿いの桜が開花し始めた。約3キロの堤に植えられた河津桜は約800本。場所によって、ほぼ満開になった木もあれば、つぼみの固い木もあり、全体では1分咲きといったところ。6日から「第20回河津桜まつり」(実行委主催)が始まり、お花見シーズンを迎える。

【関連記事】桜開花予想:都心3月24日ごろ あなたの地方は?

 町観光協会によると、祭りが開幕するころには、河口周辺を中心にお花見が十分に楽しめるという。計約8000本の桜が川をさかのぼるかのように順に咲いていく。祭りのオープニングは6日午前9時。風船飛ばしのほか、地元の女性が踊りを披露する。3月10日までの期間中は約160軒の露店が軒を連ね、観光客でにぎわう。【中村隆】

【関連ニュース】
<桜前線の基準・ソメイヨシノはこんな花>毎日植物園・春
<特集>さくら情報
<写真特集>花見:写真で見る今昔 飲めや歌えは連綿と
<特集>春はまだ先? 全国の天気予報

<朝青龍暴行問題>「被害届出さない」示談書 警視庁に提出(毎日新聞)
ラッコ バレンタインに「ハート氷」(毎日新聞)
参院選で信頼取り戻す=小沢氏(時事通信)
明石歩道橋事故で“検察官役”に3弁護士を選任 神戸地裁(産経新聞)
最年少の女流棋士に=11歳の藤沢さん(時事通信)

山本病院事件、専門医は用いない「無謀な手術法」(読売新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(解散)で2006年、肝臓の腫瘍(しゅよう)摘出手術を受けた男性(当時51歳)が死亡した事件で、業務上過失致死容疑で逮捕された元理事長の山本文夫被告(52)(詐欺罪で実刑判決を受け控訴中)らが、男性に対し、背中側にあった腫瘍を、胸部を縦横約15センチずつ開き切除する方法で執刀していたことがわかった。

 専門医なら使わない手術法だといい、県警は、知識と経験がない山本被告らの手術の実態解明を進める。

 捜査関係者によると、男性の肝臓の腫瘍は肝静脈や大動脈など、重要な血管が近くを通る右脇腹の背中側にあり、肝臓手術で最も難易度が高いとされる。

 専門医によると、背中側に腫瘍がある場合は、胸から下腹部にかけて大きく開腹。その後、肝臓を裏返して腫瘍を切除する「脱転法」を用いるという。

 しかし、同病院の看護師らの証言では、山本被告らは胸だけを開き、十分に止血しないまま肝臓を胸側から切り進んで、背中側の腫瘍を切除。この方法について、専門医は「あまりにも無謀なやり方だ」と驚く。

倒れた妻、12歳の息子と介護…保険制度の歪み訴え 松本方哉さん(産経新聞)
埼玉など連続不審死、女を殺人容疑で逮捕へ(読売新聞)
<坪田譲治文学賞>濱野さんの「トーキョー・クロスロード」(毎日新聞)
中外製薬、売上高など過去最高の業績(医療介護CBニュース)
【いま、語る関西人国記】梅南鋼材社長 堂上勝己さん(58)(5)(産経新聞)

日本ビクター、海外事業で不適切会計(読売新聞)

 東証1部上場の音響機器メーカー「JVC・ケンウッド・ホールディングス」(横浜市)は8日、傘下の日本ビクターの海外事業で不適切な会計処理が判明し、2005年3月期以降の5年間について、JVC・ケンウッドと日本ビクターの決算を訂正すると発表した。

 訂正される損失額は約170億円に上る。証券取引等監視委員会は、有価証券報告書などに虚偽の記載があったとして、金融商品取引法に基づき、課徴金を科すよう金融庁に勧告する方針。

 JVC・ケンウッドは09年9月中間期決算で、欧州での事業縮小に伴う損失として、76億円を計上した。しかし、監視委が昨年12月、同社への調査に着手すると、同社は1月4日、弁護士ら外部の専門家らによる調査委員会を設置して再検討を開始。その結果、スペインやドイツにある日本ビクターの販売子会社で未計上の販売促進費や、回収不能の販売代金が見つかり、不適切な会計処理を続けていた実態が判明した。JVC・ケンウッドは76億円についても過去にさかのぼって計上し直す方針で、訂正される損失額は計170億円に上るという。同社の河原春郎会長は8日の記者会見で「株主、投資家など多くの関係者に深くおわびを申し上げる」と謝罪した。

 JVC・ケンウッド・ホールディングスは08年10月に、日本ビクターとケンウッドが統合して設立した持ち株会社。

小沢氏、会見時間は17分=一方的に打ち切る(時事通信)
「国家安全保障としての医療」シンポで宇沢氏らが講演−日医(医療介護CBニュース)
「政治主導確立法案」決定、国会に提出(読売新聞)
<731部隊>占領下、米軍が関係者の郵便物検閲を指示(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>運転者の男 逃走中に知人宅で1泊(毎日新聞)

小沢氏「潔白である」を信じるのは当然…首相(読売新聞)

 参院は3日午前、鳩山首相の施政方針演説に対する各党代表質問を行った。首相は小沢民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件に関し「政権交代を成し遂げた同志の『潔白である』という言葉を信じるのは当然だ」と述べた。

 その上で「(小沢氏に)法に触れる事実があったか否かは捜査で解明される」とも強調し、東京地検の捜査を見守る考えを改めて示した。

 小沢氏の元秘書で、同法違反容疑で逮捕された石川知裕衆院議員(民主党)については「現職国会議員の逮捕は大変遺憾だ」としながらも、民主党が石川容疑者に関して独自の調査を行うことは「検察の捜査による事実の解明を待つべきだ」として、否定した。

外環道工事 40年ぶり再開(産経新聞)
寛仁親王殿下、不整脈でまたご入院(産経新聞)
関テレ社員、プロ野球選手住所入りメモリー紛失(読売新聞)
4億円「知人から預かった」=土地購入翌年の入金−再聴取に小沢氏供述(時事通信)
やくみつる氏、「遅きに失した」=内舘牧子さん「安堵した」=朝青龍引退表明(時事通信)

シェアやウィニー、常時調査=流通ファイルの実態把握−抽出の9割が違法・警察庁(時事通信)

 「シェア(Share)」や「ウィニー(Winny)」といったファイル共有ソフトを通じた違法ファイルのやりとりが横行する中、警察庁は4日、共有ソフトの利用者でつくるネットワークを常時調査するシステムを開発、運用を始めたと発表した。ネットワークに流通するファイルの実態把握を進め、一斉摘発など捜査へも活用する。
 ファイル共有ネットワークでは、共有ソフトの利用者同士がファイルを公開すると同時に、必要なファイルを自由にダウンロードできる。著作者の許可を得ていない音楽や動画、児童ポルノやわいせつ画像などの違法ファイルが数多く流通している。
 警察庁は昨年春以降、最も利用の多いシェアや、次に多いウィニーなど複数のネットワークの調査を段階的に開始。12月に、シェアで流通するファイルのうち100個を抽出したところ、9割以上が違法とみられるものだった。 

会社員への結婚詐欺で起訴=木嶋容疑者、470万円詐取−連続不審死(時事通信)
歩道の3人、乗用車にはねられ心肺停止…名古屋(読売新聞)
三菱ふそうトラック・バスが9万台リコール(産経新聞)
亀井金融相「うるさいからうるさいと言っただけ」(読売新聞)
<詐欺>預保機構や財務省との関係装う事件相次ぐ(毎日新聞)

<掘り出しニュース>珍しい白ナマコ−−かごしま水族館で展示(毎日新聞)

 【鹿児島】珍しい真っ白なナマコが、かごしま水族館(鹿児島市本港新町)で展示され、来館者の注目を集めている=写真。市内の漁業者が漁の途中で見つけ先月持ち込んだという。

【岩国市沖でも】白いナマコを捕獲

 同館によると、白い理由は突然変異で色素をつくる能力がないため。同館では03年にも白ナマコを展示したことがある。ナマコは海水温が25度以上になると冬眠ならぬ「夏眠」するなど、生態も謎の部分が多いという。

 南さつま市加世田村原の前田健人君(3)は「白の方がきれい」と見入っていた。【村尾哲】

【関連ニュース】
【関連記事】ガラパゴスではナマコの乱獲が問題に
【写真特集】海や水辺に生きる生き物たちがたくさん 毎日水族館
【写真特集】美しい日本の海 命あふれる水の世界
【写真特集】サンゴ礁:命はぐくむ「海の熱帯林」 世界で3分の1がピンチ

「本命外し」談合組織へ指示=ゼネコン側、妨害恐れ献金−東北工事で小沢事務所(時事通信)
<首都圏連続不審死>木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)
国内削減15%以上を提示=温暖化対策行程表を議論−政府チーム(時事通信)
<山崎拓氏>離党しない意向表明(毎日新聞)
<放送法改正案>免許付与、現行を維持 設備と制作一体で(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。